先人の知恵に学ぶ


博物館案内 概要 施設 企画展 催し物 展示室 刊行物 ひいらぎ通信
インターネット博物館
学芸員室へようこそ 
館長室 清瀬市
まちの情報
通 史 考古学 陶磁器
石 仏
古文書
古民家
民俗学
研究報告



もどる 
 ギャラリー利用案内

ギャラリー使用料
 

区分

午前

午後

夜間

全日

1

2

午前9時から
正午まで

午後1時から
5
時まで

午後6時から
10
時まで

午前9時から
午後10時まで

ギャラリー

900

1,600

2,300

4,300

21,500

37,600

 
 
  1. 1週及び2週とは、休館日を含む連続7日間及び14日間をいいます。使用者が、使用申請に係る施設を連続して使用できる期間は、休館日を含めギャラリーは2週間です。ただし、当該使用期間中に休館日が1週に1日、2週に2日を超える場合は、超える休館日の日数分、当該使用期間を延長できます。
  2. 使用者が入場料やこれに類するものを徴する場合は、当該使用料に2割から8割までの料金を加算します。ただし入場税法により入場税を免除されたときは、この限りではありません。
  3. 使用時間には、準備及び原状回復の時間を含みます。
  4. 備付の器具は、別に定める場合のほか、上表の使用料に含まれます。
  5. 使用時間の延長は管理上支障がなく、かつ、1時間未満の延長に限り承認します。その場合、使用区分に係わる使用料の3割を加算します。ただし、午後10時以後の延長は、一切、認めません。
  6. 使用者(実質的主催者)が、清瀬市外に居住している場合の使用料は、使用を承認した使用区分に係わる使用料に5割を加算します。
  7. 使用料の加算等により、100円未満の端数が生じた場合、端数を切り捨てて徴収します。
付属器具使用料  

 付属器具 

 単位 

 使用料 

 1日 

 1週 

 2週 

展示用スポットライト 

 1灯 

 50

 200

 400

展示ケース 

 1台 

 200

1,000

2,000

演 示 台 

 1台 

 50

 300

 500

1KW以下

 1個 

 100

 - 

 - 

1KWを超え2KW以下

 1個 

 200

 - 

 - 

2KWを超えたもの

 1個 

 300

 - 

 - 


注:付属器具等の貸し出しはそれぞれ1回を単位とし、貸し出し日数が2日以上に及ぶ場合は、それぞれ1日を単位として使用料を徴収します。



利用上の注意事項


 利用者は次のことを守ってください。
 
  1. 騒音、暴力、めいてい、その他により、他人に迷惑をかける行為をした場合、あるいはする恐れのある場合、入館を禁止し、または退館していただきます。
  2. 他人に迷惑をおよぼす恐れのある物品や動物は持ち込まないでください。
  3. 定められた場所以外で、飲食・喫煙・火気を使用しないでください。
  4. 施設や展示資料等が損傷しないよう、十分注意してください。なお、損傷した場合は、その損害を賠償していただきます。
  5. 壁・柱などにはり紙をしたり、ピンや針の類を打たないでください。
 

 


Top

問い合わせ先

郷土博物館事業係
郵便番号:204-0013
住所:東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号  :042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808


許可無くして無断転載禁止。すべてのページの著作権は当館、あるいは著者に属します。
Copyright © 2018 KIYOSE City Museum. All Rights Reserved.